拈華微笑 南無父母不二佛

何でも仏教徒として思いついたことを書きます

「あたらしい憲法のはなし」即ち憲法不二仏法

「日本国憲法」不二「十七条憲法」不二「仏教聖典」

著者 文部省 Ⓦ
文字遣い 旧字新仮名
底本 「あたらしい憲法のはなし」 日本平和委員会
1972年11月3日
入力者 林幸雄
校正者 松永正敏
公開 / 更新 2004-08-02 / 2014-09-18
長さの目安 約 43 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲
find 朗読を検索


本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー


find Kindle 楽天Kobo Playブックス


青空文庫の図書カードを開く


find えあ草紙・青空図書館に戻る
_______________________


本文より


[#挿絵]
[#改丁]


一 憲法


 みなさん、あたらしい憲法ができました。そうして昭和二十二年五月三日から、私たち日本國民は、この憲法を守ってゆくことになりました。このあたらしい憲法をこしらえるために、たくさんの人々が、たいへん苦心をなさいました。ところでみなさんは、憲法というものはどんなものかごぞんじですか。じぶんの身にかゝわりのないことのようにおもっている人はないでしょうか。もしそうならば、それは大きなまちがいです。
 國の仕事は、一日も休むことはできません。また、國を治めてゆく仕事のやりかたは、はっきりときめておかなければなりません。そのためには、いろ/\規則がいるのです。この規則はたくさんありますが、そのうちで、いちばん大事な規則が憲法です。
 國をどういうふうに治め、國の仕事をどういうふうにやってゆくかということをきめた、いちばん根本になっている規則が憲法です。もしみなさんの家の柱がなくなったとしたらどうでしょう。家はたちまちたおれてしまうでしょう。いま國を家にたとえると、ちょうど柱にあたるものが憲法です。もし憲法がなければ、國の中におゝぜいの人がいても、どうして國を治めてゆくかということがわかりません。それでどこの國でも、憲法をいちばん大事な規則として、これをたいせつに守ってゆくのです。國でいちばん大事な規則は、いいかえれば、いちばん高い位にある規則ですから、これを國の「最高法規」というのです。
 ところがこの憲法には、いまおはなししたように、國の仕事のやりかたのほかに、もう一つ大事なことが書いてあるのです。それは國民の権利のことです。この権利のことは、あとでくわしくおはなししますから、こゝではたゞ、なぜそれが、國の仕事のやりかたをきめた規則と同じように大事であるか、ということだけをおはなししておきましょう。
 みなさんは日本國民のうちのひとりです。國民のひとり/\が、かしこくなり、強くならなければ、國民ぜんたいがかしこく、また、強くなれません。國の力のもとは、ひとり/\の國民にあります。そこで國は、この國民のひとり/\の力をはっきりとみとめて、しっかりと守ってゆくのです。そのために、國民のひとり/\に、いろ/\大事な権利があることを、憲法できめているのです。この國民の大事な権利のことを「基本的人権」というのです。これも憲法の中に書いてあるのです。
 そこでもういちど、憲法とはどういうものであるかということを申しておきます。憲法とは、國でいちばん大事な規則、すなわち「最高法規」というもので、その中には、だいたい二つのことが記されています。その一つは、國の治めかた、國の仕事のやりかたをきめた規則です。もう一つは、國民のいちばん大事な権利、すなわち「基本的人権」をきめた規則です。このほかにまた憲法は、その必要により、いろ/\のことをきめることがあ…


えあ草紙で読む



また、こちらでも読むことが出来る。


https://www.benricho.org/kenpou/atarashii-ruby.html




こちらは振り仮名付きになっている。
漢字の国日本に戦前生まれ育った人たちは皆難しい漢字を使いこなしていたけど、
中学一年生と云えば満年齢12~13歳だから、
まだまだ大人じゃ無いので教科書が振り仮名付きでも当然ではある。
先生が中学校一年生に教える教科書の文部省教育指導要綱だから当然だけど。



しかも、この教育指導要綱は改訂されていないから、現在でも有効であり、
ゆえに、全ての日本国義務教育に携わる教師職は全員、
中学校一年生の修了時で生徒全員が日本国憲法の全条文を完全に覚えて理解させ、
日本国憲法全文の書き取りテストで全員百点満点の九十五点以上の暗記が出來るように授業をしていなければ教師失格である。


丸暗記はコンピューターに任せて、
機械じゃ無い人間が覚える際には必ず文章の意図を完全に理解していなければ覚えられるものではない。
その完全な理解のために中学一年の教科書として文部省が発行した教科書が、
この「あたらしい憲法のはなし」なのだ。



現代の日本人においても、義務教育終了時には全員日本国の最高法規日本国憲法だけを「あたらしい憲法のはなし」とともにほぼ諳誦できるくらいには暗記が出来ていなければ、


社会に出て働くときに国民が全員最高法規として遵守している日本国憲法を、
公務員の身分であるのにその公務である義務教育を誠実に執行しなかった教師の汚職即ち怠慢で中学校修了まで教わっていなかったが為に、


正直誠実な性質と育ちであっても憲法を知らない唯それだけが理由で、
社会に出た時コミュニティの中で唯の無法者になってしまい、


ついには法を犯さなければ日本人社会で生きて行かれなくなることだってあるのだ。



これ全て、日本人教師が日本人の子弟子女に教えるべき最も大事なものを教えなかった教師の責任である。


戦後の日本の学校は教師が生徒に虚偽を教え真実を隠して職権立場を濫用してただただ子どもを虐待しうつ病に追い込み自殺させる場所、
さながら一神教カルトハムラビ法典魔女裁判異端審問大日本帝国憲法の、人びとを神や王の奴隷化した政治手法と同じやり方がまかり通る、
一神教政教一致悪魔崇拝拝金カルト階級差別権力濫用略奪虐殺テロ集団の、
無法無慈悲暴力イジメ横行反社事務所になりさがっているようだね。



現代のいじめ問題は、
立場や身分が上のいい大人が自分より弱い立場のか弱い者を、
権力ずくで苛める「ほとけごころのかけらもない」身分差別階級差別生命差別がいじめの根源なのである。



かつて消費税法施行前の田中角栄総理の日本列島改造時には、
どんな差別もない万人平等平和勤労報恩社会を、
地球に冠たる仏国土として日本人は皆誇りに思っていたから、
いじめ問題などムー大陸時代から今太閤角さん先生の時代まで、
かつて一度もこの豊葦原瑞穂の大和の島で起きたことが無かったのにね。


消費税は、
先祖代々勤勉だが儲けても他の人のために金を天下に回す廻り物と見なす、
無欲な情け深い日本人だけをこどものうちからイジメ殺すために、
一神教政教一致カルト悪魔王拝金資本独裁主義詐欺略奪「民族浄化」戦争虐殺フリーメーソンが作った、
戦乱策謀国家経済破綻のスタグフレーション誘導「兵器」なのである。



日本の国ははるか昔ムー文明時代から仏法に帰依した菩薩さま達が生活してきた仏国土である。


ムー大陸がアトランティス大陸と同時に海洋に没したとき、
ムー大陸を治め導いていた菩薩さまは、
みんなを先に沈む大陸から脱出させて、みんなが逃げて助かったあとに初めて自分たちの避難を開始した。
当然他の人たちよりも沈む大陸から菩薩達が遠ざかった距離は一番短い。
ムー大陸が沈んだ後最もかつての大陸に近い場所に、
最後までムーの人びとを教え導いていて最後に逃げた菩薩さまが住み着いたのが、
現在の日本列島である。


ゆえに、
大和魂は、
和を以て貴しとなし篤く三宝を敬う、
三つ子の魂百まで、
忘己利他親孝行親切仏心慈悲布施捨身施菩薩の、
阿吽の報恩拈華微笑不立文字以心伝心、
たとえ火の中水の中、
義を見てせざるは勇無きなり、
情けは人のためならず、
弱きを助け強きを挫く、
無畏不退転金剛の武士道魂そのものなのである。


お釈迦様が生まれたのは2600年前だが、
それよりはるか昔先史時代よりも尚悠久の、
宇宙開闢以来ムーの人たちは三宝に帰依する武勇(むう)菩薩達であり、
菩薩が済む所は如何なる土地もそのあるがままの姿で仏国土なのである。


つづく
______________



×

非ログインユーザーとして返信する