拈華微笑 南無父母無二佛

何でも仏教徒として思いついたことを書きます

「佛陀を繞りて」山崎精華:昭和2年11月25日大雄閣発行《狂指鬘》

狂指鬘 (太陰暦) 『佛陀を繞りて』五  八一~九六頁  山崎精華譯著 大雄閣出版(昭和二年十一月)  佛陀成道二十年を過ぎた頃、舎衞城(しゃえじょう)に殺人鬼があらはれた。彼は四衢道(よつつじ)に立つて、悪鬼に蠱(とら)はれたる如くその心を耗亂(かきみだ)し、瞋目噴咤、悲怒激憤して利刄を翳し、人を得ればこれを殺害(ころ)しその指を斬取つて鬘(くびかざり)をつヾつた。城中の人々は毒蛇虎狼の如く懼…

「佛陀を繞りて」山崎精華:昭和2年11月25日大雄閣発行《無怨能勝怨》(太陰暦)

無怨能勝怨  (太陰暦) 『佛陀を繞りて』四(六四~八〇頁)  山崎精華譯著 大雄閣出版(昭和二年十一月)  拘睒彌(コーサムビ)の比丘等は闘訟を好み、諸の惡事をなし、戲論(げろん)に耽り、ともすると刀杖を加へることがあつた。 あるとき佛はこれを誡しめられた。 『比丘等よ。 汝等は互に諍論を愼み、辨(わきま)へずして事の是非をさだめてはならない。 相共に和合し、一師の侶(ともがら)であれ、 水乳…

「佛陀を繞りて」山崎精華:昭和2年11月25日大雄閣発行《愚かな槃特》

愚かな槃特 (太陰暦)  『佛陀を繞りて』十五(365~387頁) 山崎精華譯著 大雄閣出版(昭和二年十一月)  一  出生  拘薩羅(コーサラ)國舎衞城に一人の婆羅門がゐた。彼は妻を娶つて何不自由なく暮らしてゐた。然しどうしたことか、彼等の間に出來た子は、生れるとすぐ死んでいつた。  あるとき彼の妻はまた姙娠した。然し彼はいつものやうに悦ばなかつた。彼は手を頬にあてゝ、憂はしげに坐つた。  隣…

幸若舞『敦盛』(全文)

幸若舞『敦盛』(全文) (下線は織田信長が桶狭間合戦の前に、幸若舞をひと差し舞ったとされる一節。)  yoshiok26.p1.bindsite.jp/bunken/cn14/pg425.html  そも/\、此たび平家一の谷の合戦に、御一門、侍大将、総じて以上十六人の組足のその中に、もののあはれを留めしは、相国の御弟経盛の御子息に、無官の太夫敦盛にて、もののあはれを留めたり。その日の御装束、い…

森永ヒ素ミルク中毒発見者ほうがくまさみち拈華院千聖不傳居士

フルオープン竹箒塵取り和顔愛日本語CCから転送 森永ヒ素ミルク中毒事件発見者豊岳正道(岡大小児科医) ----- Original Message ----- From: 豊岳正彦 To: 松本敦 Cc: 橋本俊彦 ; swan house ; ほうがくさだみ ; ゆうしん ; ゆうしん ; 佐藤裕美 ; 天野藍:豊昌寺豊岳慈明 ; 松田幸司 ; 梅本敏明 ; 芭蕉洋子 ; うしゅま携帯 ; 中…

父母恩重経

『父母恩重経』ぶもおんじゅうきょう(和訓) 是(かく)の如く 我れ聞けり。 或る時、佛、王舎城(おうしゃじょう)の耆闍崛山(ぎしゃくつせん)中に菩薩声聞(しょうもん)の衆と倶(とも)にましましければ、 比丘・比丘尼・優婆塞・優婆夷・一切諸天の人民(にんみん)・および龍鬼神等、法を聞かんとて、来たり集まり、 一心に寶座(ほうざ)を囲繞(いにょう)して、瞬(またた)きもせで尊顔を仰ぎ見たりき。 是の…

「木に学べ」法隆寺・薬師寺の美 西岡常一

近江聖人のお話が出ましたので 私も鵤の聖人聖徳太子の心を1500年後のいま現代に伝えてくださった匠のお話をご紹介したく思いました。 タイトルの本は1987年「BE-PAL」誌上に連載されたエッセイ形式を1988年3月小学館ライブラリーとして刊行されたものです。 最後の棟梁鵤之郷大工西岡常一氏の「あとがき」を全文転載します。(誤字校正済)  田舎大工の口から出放題の戯言を、「BE-PAL」誌上に区…

「仏教聖典」仏教伝道協会出版

仏教聖典は簡単に言えばお経の現代語訳です。 私は岩国で開業直後の18年前に臨済宗天龍寺派松巖院の先住重岡至孝禅師さまから贈呈印つきのB5本1冊印無しのA6本1冊頂戴しまして以来初めてお経が日本語で理解出来まして、A6本を日々開く座右の銘にしております。 B5本のほうは、10年ばかり前新幹線乗車中に若い男性乗務員の物腰の立派さに感心してこの本をあげようと言ったら丁重に断られたので、降りるときにわざ…

「豊岳正彦の無有万機公論 」長文投稿用兄弟星ブログ

8月23日追記 ここのブログでは自分ばっかり長文を掲載出来るってのが不公平で気に入らないので、 コメント文字数制限のない千客万来長文短文投稿用の弟ブログを立ち上げました。 2018年8月22日 (水) 維摩居士記閑人雲居杣人雨ニモマケズ拈華微笑竹箒塵取り井戸水打ち水和顔愛日本語投稿文字数無制限フルオープンブログ始めました(笑い) MURAGONblog「拈華微笑 南無父母無二佛」https://…

ごん狐 新美南吉

一  これは、私が小さいときに、村の茂平(もへい)というおじいさんからきいたお話です。  むかしは、私たちの村のちかくの、中山(なかやま)というところに小さなお城があって、中山さまというおとのさまが、おられたそうです。  その中山から、少しはなれた山の中に、「ごん狐(ぎつね)」という狐がいました。 ごんは、一人(ひとり)ぼっちの小狐で、しだの一ぱいしげった森の中に穴をほって住んでいました。 そし…

牛をつないだ椿の木 新美南吉

       一  山の中の道のかたわらに、椿の若木がありました。牛曳きの利助(りすけ)さんは、それに牛をつなぎました。  人力曳(じんりきひ)きの海蔵(かいぞう)さんも、椿の根本へ人力車(じんりきしゃ)をおきました。人力車は牛ではないから、つないでおかなくってもよかったのです。  そこで、利助さんと海蔵さんは、水をのみに山の中にはいってゆきました。道から一町ばかり山にわけいったところに、清くて…

花のき村と盗人たち 新美南吉

一  むかし、花(はな)のき村に、五人組の盗人(ぬすびと)がやって来ました。  それは、若竹(わかたけ)が、あちこちの空(そら)に、かぼそく、ういういしい緑色(みどりいろ)の芽(め)をのばしている初夏(しょか)のひるで、松林(まつばやし)では松蝉(まつぜみ)が、ジイジイジイイと鳴(な)いていました。  盗人たちは、北から川に沿(そ)ってやって来ました。 花のき村の入り口のあたりは、すかんぽやうま…

十二因縁

「仏陀」塚本啓祥著 教育新潮社1969年発刊 フリドブックスp94 釈尊の教え四聖諦(ししょうたい)「苦集滅道」のうち「集諦(じゅうたい、じったい)」の「十二支(十二縁起、十二因縁)」について塚本師の解説です。 ________________________ ・・・仏陀は「苦」を滅するために、苦を生ぜしめる種々の条件を思索した。・・・  十二支とは無明(むみょう)・行(ぎょう)・識(しき)・名…

丸佳浩選手は球聖慈悲布施救世観音野球道武士道菩薩さま

樽募金市民球団広島カープ武士道野球道救世観音菩薩道を世に示す動画2つ 1.あなたは広島カープを知っていますか? あなたは広島カープを知っていますか? 2.赤ヘル旋風/カープ初優勝の軌跡 赤ヘル旋風/カープ初優勝の軌跡 閑話:広島から巨人へFA移籍した丸佳浩選手は、 ネットオークションへカープ時代の丸選手ユニフォームを「赤いゴミ」と題して出品した出品者を 名誉毀損信用毀損の罪で告発できるが、 丸選…

「走れメロス」太宰治 全文 南無三(宝)

 メロスは激怒した。必ず、かの邪智暴虐(じゃちぼうぎゃく)の王を除かなければならぬと決意した。メロスには政治がわからぬ。メロスは、村の牧人である。笛を吹き、羊と遊んで暮して来た。けれども邪悪に対しては、人一倍に敏感であった。  きょう未明メロスは村を出発し、野を越え山越え、十里はなれた此(こ)のシラクスの市にやって来た。メロスには父も、母も無い。女房も無い。十六の、内気な妹と二人暮しだ。この妹は…

安寿恋しや ほうやれほ 厨子王恋しや ほうやれほ

「安寿恋しや ほうやれほ 厨子王恋しや ほうやれほ 鳥も生あるものなれば 疾う疾う逃げよ 追わずとも」 森鴎外の「山椒太夫」と説経の「さんせう太夫」 これについては、森鴎外自身の自作解説とでも呼ぶべき「歴史其儘と歴史離れ」が参考になります。 鴎外が書いている説経のあらすじを読んだだけでも、 1.小説では額に烙印を押されるのは姉弟二人が同時に見た夢の中でのことだが、説話では実際に押された。 2.小…

怖れ入りやの鬼子母神

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説 鬼子母神 きしもじん 仏教の守護神。サンスクリット語でハーリーティー Hārītīといわれる鬼女。訶梨帝母 (かりていも) ,歓喜母ともいう。仏教の伝説によると,釈尊在世の頃,この鬼女が王舎城に出現して,民衆の子供を奪い食ったが,釈尊に教導され,五戒を受け,以後王舎城の守護神となったといわれる。日本では主として,安産,保育の神として信仰され,ときに盗難…

西院河原地蔵和讃 (賽の河原地蔵和讃)

これはこの世のことならず 死での山路の裾野なる 賽の河原の物語 聞くにつけても哀れなり 二つや三つや四つ五つ 十にも足らぬ幼子が 賽の河原に集まりて 父上恋し母恋し この世の声とは事変わり 悲しき骨身を通すなり かの幼子の所作として 川原の小石を取り集め これにて回向の塔を積む 一重積んでは父のため 二重積んでは母のため 三重積んでは故郷の 兄弟わが身と回向して 昼は一人で遊べども 日も入りあい…