拈華微笑 南無父母不二佛

何でも仏教徒として思いついたことを書きます

仏の心は母ごころ

佛の大慈悲こころは母の無償の愛おっぱい



捺(「な」じゃなくて「お」)せば命の泉湧く


_____________




「この世は美しい


人の命は甘美なもの


__お釈迦様の最後の言葉」





と、母悦子生前の写経にしるせり



南無阿弥陀佛



_____________



十二月十五日午前一時五分
仏教聖典の「はげみ」第二章第三節二(維摩経とパーリと首楞厳経181ページ)にこう書いてある。


「したがって、すべての人は、ただ仏を信ずること一つによって救われ、またさとりが得られる。



佛はすべての人を、
自分のひとり子のように愛するから、
人もまた子が母を思うように
仏を信ずれば、
現実に仏を見、
仏の救いが得られる。



仏を念ずる者は、
常に仏の光明におさめられ、
また自然に仏の香気に染まる。」


______________________



十二月二十九日未明五時三十分


 人ハミナ 化転ノ夢ニ 焼カルナリ
  己レ無キ身ノ 無我ヲ知ル迄


十二月三十日朝七時半


 男みな 最愛と恋う 産みの悲母
  我と悲母とは 無我の不二の身


 悲母はみな 慈父の守護(まも)りを 受くるなり
  母なる大地 父なる天よ


 三ツ子にて 児(こ)は人間と 成り得べし
  父母の抱っこで 元服成人


______________________



令和二年一月八日


 親も子も わが身無き世ぞ 無我無常
  諸悪莫作 衆善奉行


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

コメントは必須項目です。