拈華微笑 南無父母無二佛

何でも仏教徒として思いついたことを書きます

「仏教聖典」仏教伝道協会出版

仏教聖典は簡単に言えばお経の現代語訳です。
私は岩国で開業直後の18年前に臨済宗天龍寺派松巖院の先住重岡至孝禅師さまから贈呈印つきのB5本1冊印無しのA6本1冊頂戴しまして以来初めてお経が日本語で理解出来まして、A6本を日々開く座右の銘にしております。
B5本のほうは、10年ばかり前新幹線乗車中に若い男性乗務員の物腰の立派さに感心してこの本をあげようと言ったら丁重に断られたので、降りるときにわざと座席に忘れて置き去りにしました(笑い)
取りに行かなければそのうちに競売かなんかで誰かが読んでくれるだろうと考えたので、松巖院の印を見て訪れる人があればいいかもてなもんです(笑い)
残ったA6本仏教聖典の内容を忠実にテキストタイプすることで写経としております(笑い)


仏教聖典のあとがきにある仏教伝道協会の自己紹介文を転記致します。
ついでに購入方法も(笑い)
「仏教伝道協会」とは・・・
2017-06-23 22:31:23 (豊岳正彦が下記ブログさまコメント欄へ投稿したもの。
ブログ主様、いつも長文を掲載くださってまことにありがとうございます)


仏心慈悲布施菩薩常民大和民族の先祖代々人主主義仏国土庶民社会


______________


「仏教伝道協会について」


 仏教伝道協会のことを語るには、先ず一人の実業家沼田恵範氏(株式会社三豊製作所創立者)のことを語らなければならない。


 彼は、今から四十余年前に現在の事業を始めたとき以来、事業の繁栄は天・地・人により、人間の完成は智慧と慈悲と勇気の三つが整ってのみできるものであるとして、技術の開発と心の開発をめざして会社を設立した。


世界の平和は、人間の完成によってのみ得られる


人間の完成をめざす宗教に、仏教がある。


 彼は四十余年にわたる会社経営のかたわら、仏教伝道のために仏教音楽の普及と近代化を志し、仏教聖画や仏教聖典の普及に努めてきたが、一九六五年一二月にこれら一切の仏教伝道事業を組織化し、これを世界平和の一助とするために私財を寄進した。


 かくて仏教伝道協会は、仏教伝道の公の機関として発足した。


仏陀の教えを遍(あまね)く一切に及ぼして、すべての同胞*と共にこの大智と大悲の光に浴するにはどうしたらよいか。


 仏教伝道協会は創設者の意志を引き継ぎ、この問題を永遠に問い続けてゆこうとするものである。


 約言すれば、仏教普及のためのあらゆる努力が仏教伝道協会の事業のすべてである。



 この聖典は日本の長い歴史をふり返ったとき、我々が仏教文化をその誇りとしながら、真に日本人の経典といえるものを持たなかったことを反省して生まれたものである。


 したがってこの聖典は、だれでも読める、読んで心の糧となる、どんな人でも、その机上に置いて、また外出時に携え、生きた釈尊の大人格に触れることができるように作られている。



 仏教伝道協会は、この聖典が一つでも多くの家庭に入り、一人でも多くの同胞の手に渡り、すべての人がひとしく教えの光に浴することのできる日のくることを願ってやまない。



合掌


_____________


以上、仏教聖典*より、いち仏教徒豊岳正彦が転記しました。



用語註___*同胞


同胞とは父母の細胞を同じくする生物種のことであり、ここではこの世のすべての人間を意味します。


同国人のことをしめす同朋ではありません。



用語註___*仏教聖典



買い方
http://www.asyura2.com/18/senkyo243/msg/600.html#c23
仏教伝道協会の和文仏教聖典(A6判,331p)¥540を本屋に注文(送料が節約できる)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


さて三宝帰依仏心仏法日本国憲法を奉ずる我が大和民族の国は、仏教伝道協会創始者沼田恵範老師の「日本の長い歴史をふり返ったとき、我々が仏教文化をその誇りとしながら、」との言の如く、


大昔から天皇や将軍などの統治者ではなくて我々庶民がみな三宝に帰依する仏教徒であり、庶民が銘々その心を修める菩薩行に先祖代々努めて、地球上に唯一無二の良心の仏国土を、人類誕生以来の太古から営々と万古不易に親子相伝で伝えつづけて来た。


釈尊の教えは一切衆生悉有仏性であり、すべての人間が均しく成仏する機会が均等にあるというものである。


この教えすなわち達磨すなわち仏法は釈尊以前にも宇宙の存在とともに久遠に存在している。


すなわち日本という地球上の場所に釈尊以前から庶民和合社会を営んできた大和民族は、釈尊以前の悠久の太古から仏国土を築いてきた地球上唯一無二の至上なる庶民慈悲布施菩薩民族である。


釈尊自ら語り給うた経典の過去仏である大光王が治めた仏国土がムー大陸であり、後の大和の島国扶桑の蓬莱島大日本秋津島すなわち日本国である。


此の地は釈尊が語り給うた無量光仏すなわち阿弥陀如来の西方浄土がインドの西ペルシャの地であったのと反対方向の、インドの東方すなわち日本に医王浄土を開き給うた瑠璃光仏薬師如来のおわす仏国土蓮華国である。


我々大和民族庶民和合社会が地球上で唯一無二の繁栄を太古から続けている理由は釈尊の教えの言葉すなわち経典に記されている七不衰法を、我々庶民常民菩薩が親子相伝で代々守りつづけてきたからである。
 


>ブッダ、面白い!  (普通の日本人 嫌在●)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。