拈華微笑 南無父母不二佛

何でも仏教徒として思いついたことを書きます

偲び草 巻之六

臨済宗天龍寺派鐘秀山松巖院代々住職墓所の豊岳家墓誌に、
拈華院千聖不傳居士戒名に続いて刻む文字。


______________________


微笑院慈惠法悦大姉
 令和元年八月二三日寂享年九二歳
           豊岳正彦
           豊岳さだ美
           豊岳貴道
           豊岳則子
           豊岳道子
           豊岳未生
 令和二年一月吉日建立
拈華微笑夫婦一代塚  


_______________


因縁ちなみに、道子さんの後の母悦子の水子の生まれ変わりである猫のみいちゃんの本当の名前が未生であり、
みいと読むんでありましたとさ(笑い)




父母未生因縁ぶもみしょういんねん



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

コメントは必須項目です。