拈華微笑 南無父母不二佛

何でも仏教徒として思いついたことを書きます

偲び草 巻之五

覚え書きノートから、十月十六日の文を投稿。


 朝五時半、母悦子十月六日満中陰納骨法事御礼のレターパックを岩国郵便局ポストに投函後、花壇にムラサキシキブが咲き盛る豊岳医院まえで未明の夜空を見上げて二首。


 十六宵いざよひに 雲莫く冴ゆる 神無月
  紫式部の 色いろも音も香


 朝六時半黎明


 神無月 ぼらけ傾かたぶく 有明けありあけ
  金木犀ぞ 薫る起つ晨曉あさ



 七時過ぎ自宅食堂で狂歌二首。



 みい猫が 吾妹わぎも起き徠て 啼きわめく
  我には残す 音なしの爪


 黒焦げに 固まり果てし クリイムの
  パンを囓りて 朝の餉を喰



 
十月十九日 
 閑が発句して雲が連歌する二首。



 親切は 親孝行と 不二佛ふにぼとけ
 
  泥静まりて 蓮華微笑みしょう



 尾を揚げて 前へ進めば 不退転


  死ぬ時は死し 生く時は生き



雲雑歌


 無我の身の 無一物にて 生まるれば
  諸悪莫作 衆善奉行


 和顔わげんなる 慈眼じげん微笑みしょうの 情けの語
  佛ごころに 火明あかる灯の点




上杉鷹山はる憲公
 
 為せば成る 為さねば成らぬ 何事も


  成らぬは人の 為さぬなりけり




南無大慈大悲弘法大師和讃
弘法大師が崩して作った平仮名のもと元の漢字万葉仮名を当て推量してみた(笑い)試行中


い  ろ  は  に  ほ  へ と ち り  ぬ  る  を 


わ  か  よ  た  れ そ  つ ね  な  ら  む 


う  ゐ  の  お く  や  ま け  ふ  こ  え  て 


あ  さ  き ゆ  め  み し
 ゑ  ひ  も  せ  す 寸 ん 
 


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

コメントは必須項目です。